ビーグレンの口コミは本当だった!体験レビューで徹底解説

I love b.glen

肌のこと

ハイドロキノンがシミを消するのはなぜ?

更新日:

化粧品の瓶の画像

ハイドロキノンってどんな成分?

ハイドロキノンは、苺や麦芽、紅茶やコーヒーにも存在する成分で、シミのもとであるメラニン色素の生成をSTOPし、既にあるメラニン色素を漂白するW効果がある成分です。

数多くある美白成分はメラニン色素の生成を抑制する効果しかもたない中、ハイドロキノンは唯一出来てしまっているシミにも効果を発揮する成分です。

ハイドロキノンはシミのもとのメラニン色素の生成を抑制しつつ、できてしまったメラニン色素にも効果を発揮するシミをWでサポートしてくれる成分なんです。

以前は化粧品に配合できず医師の処方が必要な成分でしたが、2001年の化粧品規制緩和により化粧品にも配合出来るようになりました。

ハイドロキノンは不安定で酸化しやすいため、化粧品に配合するのが難しい成分ため日本の化粧品メーカーではあまり見かけることのない成分です。

酸化したハイドロキノンはベンゾキノンという物質に変異し、肌の刺激など副作用を引き起こしてしまいます。

ビーグレンのアイテム

ビーグレンにはハイドロキノンを配合しているQuSomeホワイトクリーム1.9というクリームがあります。
QuSomeホワイトクリーム1.9 は不安定なハイドロキノンをQuSome®化することで安定した状態で配合。
安心して使えるハイドロキノン配合クリームです。

QuSomeホワイトクリーム1.9の詳しい内容はこちら

シミに効くメカニズムは?

ハイドロキノンがシミに効くメカニズムについて説明しますね。

メラニン色素の生成をSTOP

シミのもとであるメラニ色素は肌の基底層にあるメラノサイトで生成されます。

【おすすめ記事】しみってどうしてできるの?

メラノサイトの中にあるチロシンというアミノ酸にチロシナーゼという酵素が働きかけると、チロシンはドーパ、ドーパキノンと変化しながらメラニン色素になります。

このチロシナーゼを抑制するのがハイドロキノン。

チロシナーゼを抑制されたメラノサイトではメラニン色素を作り出せなくなり、シミが出来にくい肌になります。

その効果は、同じくチロシナーゼを抑制する効果があるアルブチンやコウジ酸の10~100倍といわれています。

ハイドロキノンの効果でメラニン色素の生成をSTOPします。

出来てしまっているメラニン色素を白く!

さらにハイドロキノンには出来てしまったメラニン色素の色を還元作用によって薄くする作用もあります。

メラノサイトの働きによって作られたメラノサイトは、紫外線や刺激によって酸化して黒く変色します。

酸化して黒くなったメラニン色素にハイドロキノンの還元作用が働いてメラニン色素がの色が薄くなっていきます。

還元作用とは

還元作用とは、酸化に対し、酸化した物から酸素をとりのぞくこと。

つまり、酸化したメラノサイトから酸素を取り除けば、酸化していないメラニン色素になり色も元に戻って白くなる。ということになります。

酸化したメラニン色素の酸素が取り除かれるから黒い色が薄くなるんですね。

副作用は?

ハイドロキノンの美白効果は濃度依存性です。

たくさん使えば効果も得やすい成分ですが、その分副作用も出やすくなってしまいます。

副作用としては、痛みを伴って赤くかぶれたり、ヒリヒリしたり、肌に刺激を感じます。

また、ハイドロキノンを高濃度で配合されたクリームを長期間使うと白班になる恐れも出てきます。

白班はメラノサイトが消えてなくなったり、働きが弱くなりメラニン色素を作り出せなくなった状態で、その部分だけの肌が真っ白になってしまう状態です。

一般的に5%以下の配合なら白班にはならないと言われています。

ハイドロキノンを高濃度で配合したクリームを使う時は医師に処方してもらいましょう。

使う時の注意点は?

ハイドロキノンを使う時の注意点は2つ。

  • 使用量を守る
  • 初めて使用する時は少量から
  • 使用期限を守る
ひとつづ説明しますね。

使用量を守る

先にも説明した通り、ハイドロキノンは濃度依存性なので使用量を守ることが大切です。

初めて使用する時は少量から

初めてハイドロキノンを使用する時は、少量から付け始めて肌の様子を見ましょう。

少量でもトラブルがない場合は、決められた使用量の範囲内で徐々に使う量を増やしていくのがおすすめです。

もし肌に異常を感じたら、使用を中止して医師または販売元に問い合わせてください。

使用期限を守る

ハイドロキノンは酸化しやすい成分ですので、開封をしたら使用期限内に使いきること。

酸化したハイドロキノンは黄色く変色するので、変色したものは肌トラブルを引き起こすので使用してはいけません。

使用期限が記載されていないものもありますが、目安は開封してから3か月以内には使いきりましょう。

ハイドロキノンは使い方を守って安心して使いたいですね。

どんなシミに効く?

シミにもいろいろな種類があるのはご存じですか?

シミの種類によっては、ハイドロキノンで効果を得られないシミもあります。

ハイドロキノンはどんなシミに効果を発揮するのか?早速いていきましょう。

ハイドロキノンが効果的なシミ

ハイドロキノンで効果が期待できるシミは

  • 老人性色素斑(日光性黒子)
  • ソバカス
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑

など。

どんなシミなのかひとつづ見ていきましょう。

老人性色素斑(日光性黒子)

シミの中で最も多いタイプのシミで、紫外線の影響でできるものです。

頬骨の高いところにできやすく、数ミリから数十ミリの丸い色素斑点であることが多く、次第に大きく色も濃くなってくるのが特徴で、放っておくと隆起して脂漏性角症になってしまうものもあります。

ソバカス

小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴。

よく見ると丸い形ではなく、三角や四角になっていて、色白の人に比較的できやすいようです。

炎症性色素沈着

ニキビの跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったもの。

肝斑

女性ホルモンのバランスがくずれたときに頬骨のあたりに、左右対称にできることが多くモヤっとした影のように見えます。

ハイドロキノンでは効果がないシミ

シミに効果が高いハイドロキノンですが、どんなシミにも効果を発揮するわけではありません。

ハイドロキノンでは効果が期待できないシミは「脂漏性角化症」

脂漏性角化症

このシミは、シミがイボのように盛り上がってできたもので、良く見るとイボの表面はボツボツしているのが特徴。

ハイドロキノンで効果が期待できる「老人性色素斑(日光性黒子)」が変化して脂漏性角化症になるものもあります。

このシミはレーザー治療や窒素による凍結治療などでしか消すことができなシミです。

脂漏性角化症になる前ならハイドロキノンで効果が期待できるので早めのケアが必要ですね。

※参考文献「正しいスキンケア辞典」より

ハイドロキノンがシミに効果的な仕組みと、効果のあるシミ、ないシミをご紹介してきました。ハイドロキノンは正しく使えば副作用の心配もなく使える成分ですので、使用上の注意を守ってシミのケアをしたいですね。

 

-肌のこと

Copyright© I love b.glen , 2018 All Rights Reserved.